人気ブログランキング |

大阪から北海道へ嫁入りしたウズラ。夫とボーダーコリー2頭とのドタバタな日々?!


by uzura_family
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
3頭一気にハイジさん?!_a0116885_23035615.jpg

フェイスが亡くなり一年過ぎ、
フェイス&アイス&ジャム、3頭まとめて、ハイジさんのセッションを依頼した。
フェイス君は相変わらず、優しい。
ベンツに乗っていろんな所へ出かけたこと、
今は行きたい所へ自由にすぐ行けるから、もう車はいらないの、と。
コロナで北海道行きをキャンセルし、大阪にいるウズラママに、
ガッカリしてて残念だね。来れないから僕が行くよ、と。

アイスは、これまでの自分の経験を役立てたい、と。
牛や馬、鶏、犬など、人間に近い存在の動物達のサポートする守護神のような働きをする計画ビジョンがあるらしい?!

すごいね!アイス。
母ちゃんが日々お祈りしてたのをよくあなたは見てたけど、
それは関係あるの?ないの?と訊ねたら
「私が最初に始めたんだ!」と即、言い返して来た、って。
「私達は同志。他の人、動物のため、という、サポートの為に降りてきた魂。
それぞれ使命を持って生まれてきて、出会ったのだ」と。
もうハイジさんも、アイスに敬語になってるし?!

神様アイスは、生前も亡くなってからも
甘えん坊ジャム君には、厳しいらしい。
ジャムは、一人にしないで、と何度もお願いしたけど、ダメ、無理、ピシャリと断られてガッカリして不安だった、と。
亡くなってから、アイスの姿を見つけて駆け寄っても、スッと消えちゃう。
最近はあきらめて追いかけなくなった、とジャム君。
僕はそんなに強くないから、と。
やっぱりジャム君は平和主義。
競争とか、どっちが強い弱いとか、好きじゃないから
そういうことを言ってくる友達がいたら
気づかないフリしてスルーしてる、と。
そして、父ちゃん母ちゃんを笑わせたくて、いろいろやってる様子。

父ちゃんのことを頼りにしてる。
落ち着いてる、安定、父ちゃんのように。目標。
母ちゃんは、だーい好きっ(ハート)!
受け止めてもらえる。甘やかしてもらえる。ヨシヨシしてくれる感じ。
僕は愛されてる、という自信!
ふんわりしたお洋服着たら、すごくかわいい!

よくいる3歳くらいの、甘えん坊な男の子って感じだわ?!

ヤレヤレ。

空組のフェイス&アイスは、どこまでも自由でのびのび。安心した。
地上組のウズラ一家、これからも楽しく生きて行こう。


3頭一気にハイジさん?!_a0116885_23465209.jpg















# by uzura_family | 2020-08-12 23:02 | 犬との暮らし | Comments(0)

フェイス君の長いお話

フェイス君が逝き、一年経とうとしている。
フェイスとのことを振り返る。

ウズラがニセコ暮らしを楽しもうと、アイスを迎えた。
2006年のGWのことだ。
すると、ウズラママから「引越しで飼えなくなるボーダーコリーを飼ってもらえないか?と親戚から言われたけど、無理だと断った」と聞き、
何?ボーダーのオス?血統書もあって?
ちょうどいい。こっちは広くて、もう一頭増えたって何でもないし、アイスに将来子犬産ませたいし、喜んで引き受けましょう!と、迎えることにした。
今、訓練士に預けているとのこと。
2ヶ月の予定で、あと1ヶ月、というが、
そんなの必要ない、もったいない、と
同月末にニセコへ招いた。

イメージと全く違う子だった。
4歳半のフェイス。
ボーダーなのに、運動神経悪い。
走らせても、生後3ヶ月のアイスより足が遅い。
四肢の動かし方がわからないようだ。
臭いもイヤだった。
緊張してるせいか?体臭も口臭も、全部臭かった。

不信感の塊だった。当たり前なのだが。
訓練士も体罰系だったようで、ビビりな上に余計に歯をむき出して必死になっていた。
フェイスの歯は特別大きい。
身体に対して、顔に対して、
歯が特別立派、大型犬並みで、犬歯の長さったら凄かった。
ひどい目ヤニで、取ってやろうとしたら、
手のひらの親指の下を、ゆっくり、ウズラの目を見ながら、犬歯でグッサリ刺された。
盗み食いを発見して叱ったら、ウズラの腕を噛りながらブンブン振られた。犬の本気噛みだ。
ウズラもキレて、死ねーっと叫んで、
そばにあった家庭菜園の支柱の10本束でボコボコに叩いた。
腕の傷痕が消えるのに10年かかった。

なつかないけど、出て行かなかった。
「ウズラさんのことが好きなんだよ」と皆に言われても、
そうは思えなかった。
気にしてるだけ、気になるだけだと。
近寄れば離れるんだし、すぐ唸るし。
初めの頃は、リードのつけ外しも齧られないように気をつけないといけなかったし。
見張られてるようで、イヤだった。

夢のニセコ暮らしは、ワチャワチャになり、台無しだわ!と思ってた。

ウズラには無理だ、と返そうと手配したけど、
ギリギリでキャンセルして、最後まで面倒見ると決めた。
だけど、うまく行きそうもないし、
もう無事に生きていてくれたらそれでいい、とも思っていた。

「犬飼いルーキーがボーダーコリーを2頭も飼うなんて、頭おかしい」と、今でいうネットでの誹謗中傷もされて参っていた。
ネットでの誹謗中傷って、ものすごい恐ろしい力があって、こちらのロウソクの火が消えてしまいそうだった。
ブログを畳むことも考えた。
その中でも応援コメントくれた方があり、結果続けたことで、今も続いている友ができたり、今の夫とも繋がった。

結果、フェイスのおかげ、フェイスがキューピッドとなり、夫jick氏と結婚し、
夫jick氏とウズラ、アイス&フェイスで、
2007年秋から新たな一つの家族となった。

夫jick氏はフェイスと、ウズラはアイスと、
コンビのように過ごしていた。

フェイスは来た頃はフィラリア陽性だったが、
数年後に陰性になり、大病することなく、
アイスから程よい刺激も受けながら歳を重ねていった。
甘えること、甘え方も覚えて、
人相ならぬ犬相もすっかり変わった。
特に小さな子どもや赤ちゃんには、とんでもなく優しかった。
犬だって人だって、変われるんだと示してくれた。

だんだんフェイスは歳をとり、
足腰が弱っていき、白内障になり、耳も遠くなっていった。
都合の悪いことは聞こえなくなって、呼び戻しがきかなくなった。
少しの段差が厳しくなり、スロープつけたり、グリップのきくマットを敷いたり。
だけど、粗相が増えて、片付けが追いつかなくなってきたり。

それでも、規則正しい生活で、順調に歳を重ねていった。

アイスは12歳の夏、リンパ腫が見つかる。
検査の結果は最悪だった。
フェイスが15歳だ。
フェイスが先に逝き、アイスだけになると思ってたのに、そんな順番は決まっていないことになった。
先生は半年先の話はできないと言った。
リンパですからね、と。
アイスはウズラの話は全部聞いてる子だし、わかる子だから、アイスの前で病気の話はしないし、泣かないと決めていた。
犬玄関で、フェイスとウズラだけになった時、
思わずフェイスに抱きついて泣いた。
するとフェイスは、グッと胸を張って、
ウズラを受けとめてくれた。
驚いた。
フェイスはまだまだ生きるつもりだ。
父ちゃんが留守だと、男の子はボク一人、って感じ。
ウズラもアイスも守ってくれるつもりでいるように思えた。
ここからフェイスとの間が大きく変わった気がする。


アイスも凄いミラクルな子で、
リンパ腫診断されてから一年過ぎた時は、
先生も何だかわからなくなって首をひねってた。
犬の一年なんて、人間でいう5年生存率を軽々クリアじゃん。
転移もなく、9歳から発症したてんかん発作と並行して、普通の暮らしを続けてた。

アイスとフェイス、
2頭一緒にいたことはお互いにとっても良かったのだろう。
決して仲良しではなかったが、家族という認識はちゃんとあった。

フェイス、12月の17歳の誕生日も、ヨタヨタしながらもクリア。
が、年が明けてから、急降下していく。
2月の夜、突然、具合悪くなり、意識も遠くなっていった。
「フェイス君、しっかりして!父ちゃん、明後日の夜じゃないと、出張で帰って来ないんだよ。父ちゃんが帰るまで頑張って!」
全然ダメだ。これじゃ明日の朝まで持たないぞ。
どうしよう?
夫jick氏からは「どうにか頼む」とメールが来るけど、どうにもならない。
祈りの応援頼みまくった。
そのまま数時間。
日付が変わる頃、フェイスの目に、かすかに力みたいなものを感じた。

そして、フェイスは帰ってきた。
祈りのエネルギーをキャッチできたのだと思う。
未だに不思議な出来事。
だって見守って声かけてただけで、
何か処置をしたわけでもないし、
なぜ回復できたのか、全くわからない。
でもとにかく、フェイスは帰ってきた。

アイスも、フェイスがヤバかった間は
そばに来なかった。
存在を消していた。
フェイスに光を感じ始めると、
アイスも寄ってきた。
アイスが寄ってきたことで、
フェイスは大丈夫なのかもしれないと思えた。
まだまだ虫の息だったけど。

で、フェイスは帰ってきたけれど、
そこから先は寝たきり老犬となった。
それでも元気な寝たきり老犬で、
頭は起こすし、ご飯は完食、お通じも絶好調。
ただ立てないっていうだけだった。
「死ぬ死ぬ詐欺」で行こう、となった。

そこからフェイスとウズラは
これまでの13年間のあれこれがすべて消え去ってしまい、愛のみ、となってしまった。
フェイスはウズラにすべてを託し、されるがまま。
ウズラも全力でフェイスのお世話をした。
フェイスのこうしたい、こうしてほしい、が
全部わかった。
こうしたら身体がラク、こうしたら安心できる、お腹空いた、トイレしたい、気持ちいい、ここが痛い。
だんだん力も入らなくなってるフェイスを、ヨイショと抱っこして、外の空気吸わせたり、寝床の場所を移したり、フェイスはウズラに身体を預ける。

昨年6月、
ウズラパパの十三回忌で大阪へ帰るのに、
2頭を病院に預けた。
すべて準備して、お世話の仕方もたくさん申し送りして、3泊4日。
帰ってきて、預けたことを後悔した。
一気に床擦れがひどくなっていた。
ウズラの病院への期待が大きすぎたのだ。
謝りながらガーゼを替えた。
歯も悪くなっていて、噛み合わせが悪くなった。
食欲も落ちていった。
床擦れの処置の仕方は、よい方法がわかり、
日毎に皮膚の再生を見れて嬉しかった。
先生も「学生達に見せたい」と写真撮ったり。
だけど、腎機能が落ちていき、利尿剤も効かなくなり、
いよいよ厳しくなった。
最後に病院行った帰りは、虫の息だった。
途中で車停めて、生きてるのか確認したくらい。
ぐにゃぐにゃ過ぎて、抱っこが難しかった。
それでも虫の息でも生きてくれてた。

朝、オムツ替えてる時に、フェイスは一度呼吸が止まった。
でも吹き返した。
フィラリアをやったけど、心臓強い子だったのかも。
一日中ずっと一緒に寝て、目合わせてお喋りした。

そして、満月の夜、皆に声かけられ、抱かれて、フェイスは逝った。
立派だった。

フェイスが長生きしてくれたのは
ウズラとちゃんとわかり合えるまで待ってくれたからでは?とも思う。
最後の方なんて、甘えて甘えて、一緒に寝てそばにいて、と泣いて訴えるまでになっていた。
だから毎晩向かい合わせで手を繋いで寝たり、
グズると膝に頭乗せてやって寝かしつけたり。
だって、何をしてほしいか、フェイスの思ってることがわかっちゃうから。

こうして、13年もの間のギスギスしたものを
最後の5ヶ月で、キレイにチャラにすることができたわけです。
そうして、フェイスは17歳7ヶ月という、長寿天命を完うしたわけです。

フェイスとの経験があって、
ジャム君を迎えたいと思った時、
変に自信持って申し出た。

よそで飼えなくなった子を引き取って、最後まで面倒見ました、と。
夫jick氏は「もし、アイスと相性合わなかったらどうするの?」と心配したが
「フェイスとだって、別に合わなかったけど、家族だっていうのは理解してたし、大丈夫」。

フェイスがいてくれたからこそのジャムなので。

フェイスはボーダーっぽくない純血ボーダー、と思っていたけど、
じつは、寝たきりになっても、ずっと、
日中の留守番というメインのお仕事は、しっかりしていてくれた。
じつに真面目なお仕事大好きボーダーコリーなのでした。

ウズラが帰ってくればホッとして
さらに夫jick氏も帰ってくれば
心からホッとした様子だった。

頼もしい男の子だった。


今はとにかく、ありがとう、だけ。
2月にあのまま逝ってしまわれてたら、
きっとたくさん後悔して、悪いことしたなとか思っていただろうけど、
お互いに愛のみで過ごせて、それはそれは幸せだった。
愛とか幸せって、傷や痛みみたいなイヤなことを
全部消してしまう、思い出せなくなっちゃう、凄い力がある、と知った。

ああすれば、あれをしなければ
フェイスは18歳を迎えられたのかも。
いやいや、そんなこと言ってても仕方ない。
そう思うこともたまにある。
フェイス君を抱っこしたいなあって思うし。

ずっと大好きだよ。


フェイス君の長いお話_a0116885_05475523.jpg









# by uzura_family | 2020-07-15 05:08 | 犬との暮らし | Comments(2)
悲しみと後悔を喜びに混ぜ込む_a0116885_05585352.jpg


フェイスの粗相で撤去したカーペット。
コルクマットをジャム君は食べてしまう、走り回ってズレまくる、で、
新しくカーペット購入。
それを機に、アイス&フェイスのバリケンも撤収。
ジャム君に使ってるネコ用ゲージが奇跡的なピッタリサイズで、
テレビの下がジャム君の場所となった。
ジャム君、カーペットは初めての感触なんだと思う。
すごく気に入った様子。

ジャム君のゲージの上で飾っていたアイス&フェイスは
カラーボックスの上へ移りギューギュー?!
2頭よりジャム君が優先&中心となることは当然ながらも切ないものだ。
ジャム君は22日で生後9ヶ月になり、21kgにもなった。
でもその翌日はアイスの月命日で、
いなくなって、まだ4ヶ月しか経ってないことに愕然とする。
夜、ジャム君をトイレに出して空を見れば、
フェイス君は空よりその辺の陰から半顔出して見てるのかな?とか。
一年前の今頃は、ウズラパパの十三回忌も終わり、
病院に預けたことを悔やみ、詫びながら必死にフェイス君のお世話をしていたんだ。
言ってる間に7月になっちゃう。

でもそれを考えてると全て停止してしまう。
顔つきも悪くなる。
ジャム君が不安がる。
お腹空かせてゲロ吐いちゃう?!

考えるの、中止~!
ご飯の用意しましょう。

アイスはペンダントにしてずっと一緒なんだし。











# by uzura_family | 2020-06-24 05:54 | 犬との暮らし | Comments(3)

みんなからのお下がり

フードタンク。アイスのお下がり。
みんなからのお下がり_a0116885_18220512.jpg

100均の計りで140g計量。
みんなからのお下がり_a0116885_18290679.jpg

器はジック→フェイスのお下がり。
みんなからのお下がり_a0116885_18313848.jpg

お腹が弱かったジャム君に、教えていただいたサプリをイン。
みんなからのお下がり_a0116885_18343363.jpg

みんなからのお下がり_a0116885_18371570.jpg


アイスの残したフードをジャム君にも回していて、
今はまだまだある腎臓サポートのフードを20gだけ入れて、
あとの120gをジャム君のフードにして、ゆっくり消費。
だんだんとアイス&フェイスのものが消えていく寂しさ。

ジャム君はすくすく育ち、お腹の悩みも消え、
現在21kg。
安心しきって暮らしています。
みんなからのお下がり_a0116885_18490377.jpg













# by uzura_family | 2020-06-20 18:18 | 犬との暮らし | Comments(0)

お片付け

お片付け_a0116885_07223679.jpg


ジャム君の月間スクールは無事終了。
健康状態もよろしい。
垂れ耳ゆえの外耳炎になったり、
スクールでブヨに刺されて瞼にプチっとなってたりはするけど、
そんなの何でもないこと。
台所のお薬コーナーがかなりの場所を取っている。
じつはフェイスのフードを粉砕するためのT-FALのプロセッサーもまだある。
もういい加減ジャム君仕様に家の中を換えていかねばならないのだよ。

アイスのお薬の袋が可愛くて
前にも、近所のチビッ子達にあげてたんだけど、
もうこれでしばらくあげることも無くなるだろう。
まあよく薬ばかり飲ませてたもんだ。
てんかんに、抗がん剤、ステロイド‥‥。
アイスの名前が書かれた袋、なくなっちゃうのは寂しい気もするが、
あっても仕方ない。

あーあ、
アイスに会いたいなあ。
フェイスを抱っこしたいなあ。












# by uzura_family | 2020-05-31 07:16 | 犬との暮らし | Comments(2)

お耳掃除

お耳掃除_a0116885_22440314.jpg


ジャム君はビビリ1(ワン)グランプリに出れそうなくらい
ものすごい驚き方するビビり男なのに
耳掃除も爪切りもシャワーも全く平気。されるがまま。

こっちが驚く。
お耳掃除_a0116885_22523264.jpg













# by uzura_family | 2020-05-10 22:39 | 犬との暮らし | Comments(0)

ブログ やめないよ!

https://www.instagram.com/uzura_garden/

Instagram(インスタ)始めました~。

まだ不慣れで、モタモタ。

ブログ やめないよ!_a0116885_08211778.jpg















# by uzura_family | 2020-05-10 08:10 | Let's 農業! | Comments(0)

ご入学

ご入学_a0116885_19001165.jpg

朝、我が家の満開の桜で写真撮って、入学式気分。
本日より週2回8~17時の預りスクール。
先生のお家には2頭のボーダーコリーと預りのフレンチブルがいて、
クラスメイトには柴犬やマルチーズもいるらしい。
柴犬くんは2年生らしい?!
夕方お迎えに行くと、ちょうど先生と娘ちゃんが立っていた。
「全然大丈夫でしたよ。フレンドリーだし、子ども相手も大丈夫でした」と。
ほっ。
帰宅すると、ジャム君は深い眠りに。
お腹鳴ってたけど、眠さの方が勝ってるみたい。
もうしばらくしたら起こすかな?

ご入学_a0116885_19281115.jpg














# by uzura_family | 2020-05-07 19:16 | 犬との暮らし | Comments(0)

軟体クネ男

自粛のGW。
我が家はとんでもない田舎。
隣の家さえ数百メートル。
普段からピクニックのような暮らし。
夫jick氏はこんな日でも仕事。
今日は、ゆうパックの発送とコピーがしたくて、
車でジャム君と町へ。
スーパーのコピー機使い、
ついでに食パン買おうかと思ったが
レジの列見たら怖くなって、やめた。
なんだか人が多くて。
車にジャム君待たせてるし。
移動中、他のスーパー、ホームセンター、
すごい車の数!こわっ。スルー。
さあさあ帰りましょう。

期間延長。でしょうね!そりゃあね!

元の暮らしに、と、よく言いますが
ウズラは「元通り」はあり得ないと思っている。
これまで、被災して、被災前の暮らしに戻ったこと、ありますか?
神戸だって東日本だって厚真だって、台風被害に遭ったって、
そこから立ち上がって新たにやって行くしかないのです。

今までのやり方生き方
それはそれ、で
これからのやり方生き方、造って行くしかありません。
価値観の変わり目、時代の変わり目に、居合わせちゃったんですね。

ちょっとタイミングズレてたら
ジャム君が茨城県から北海道へ飛んでくるなんて
今なら考えられないことでした。
今となっては、ジャム君がうちの子になったことも奇跡的なわけで。

さあ、ミラクル坊や!
‥‥。寝てばかり?!
軟体クネ男_a0116885_18395594.jpg

このまま数十分間寝てたりします?!















# by uzura_family | 2020-05-04 18:14 | 北海どお~だ? | Comments(2)

開花しました

昨日札幌は満開とのこと。
我が家は今日やっと開花宣言。
開花しました_a0116885_12592940.jpg

お隣へ回覧板持って行くお仕事帰りに、我が家のサクラチェック。
開花しました_a0116885_13014484.jpg


ちょうど一年前の同日は、もう満開でした。
歩けなくなったフェイス君と桜の下で。
開花しました_a0116885_18321884.jpg


アイスが翌年の桜を見れないとは思ってなくて
フェイス君しか写真撮ってなかった。

ジャム君は春の匂いと、春の野鳥達に夢中です。


















# by uzura_family | 2020-05-03 12:56 | 春夏秋冬・季節のたより | Comments(2)

カラー届いた

ジャム君にカラー作った。
アイス&フェイスも着けてたカラー。
フェイスはチェーンチョークで、途中から他に換えてしまったけど。
フェイスはカモフラージュ柄だったね。

ジャム君は、ブラウンのチェック柄にしました~!
カラー届いた_a0116885_22453620.jpg


ネーム刺繍はジャム君の色パープルに。
カラー届いた_a0116885_22484966.jpg


昔、大阪へ帰って暮らしてた時、
ブログ友達と、そのお友達との山登りの会に、
ウズラ&アイス&フェイスで参加させていただいた時のお一人が、
このカラーの作家さんで、ラブを飼っておられたの。
お友達はグローネンダールの多頭飼いで、
ニセコへ戻る前に、素敵なカラーをプレゼントしてくれたの。

その子も天使になってしまった、と。
で、最近次の子を迎えたところだ、と。
アイス&フェイスのこと、ウズラのこと、
覚えていて下さって、嬉しかった。
なんか必死だったし、楽しかったな。

アイスのカラー。
最期の日まで使ってた。
丈夫なバックルで、重宝した。
裏に少し血が染みてて、
でも洗わずに、置いてある。

カラー届いた_a0116885_23181511.jpg


わざと可愛い系にして、いいとこの坊っちゃん風にしてます~!


ショップのホームページは
https://www.rumimosa.com
RuMimosa Doggy Goods












# by uzura_family | 2020-04-30 22:39 | 犬との暮らし | Comments(2)

車大好き

ジャム君はすっかりドライブ大好きっ子になった。
休日になれば「車乗るんでしょ?」と期待する。
では少しだけね、と夕方に近くの公園までドライブ。
ジャム君、車に飛び乗るようになった。
車内では、吠えもせず、おとなしいので、フリーにしてる。
着いたよ!
あらら。
車大好き_a0116885_22004270.jpg
<
‥‥だってさ!
では、こっちへ行きましょう。
車大好き_a0116885_22075331.jpg

ジャム君嬉しそうだね。
車大好き_a0116885_22153203.jpg

海が見えるね。
車大好き_a0116885_23025773.jpg

斜面には青いお花がいっぱい。
車大好き_a0116885_05385477.jpg


こんなお花。
車大好き_a0116885_05494023.jpg


桜はつぼみ。
車大好き_a0116885_05523261.jpg

束の間のお散歩。
さあ帰りましょう。












# by uzura_family | 2020-04-29 21:52 | 春夏秋冬・季節のたより | Comments(2)

リズムネタ

アイスが好きだった芸人さんで思い出すのは
小島よしおと、もう一人が、ジョイマン!

休日。テレビに思いがけず、ジョイマン登場?!
おうちエクササイズだって!

すると
あろうことか、ジャム君が反応してる?!
リズムネタ_a0116885_10474869.jpg

アイスは近づいて吠えて騒いで、たまらなくなると、母ちゃんを噛りに来たりして、大興奮してたものだが、
ジャム君は正座して黙って観てる。

リズムネタ_a0116885_11014467.jpg


せいぜい黙ってシッポ振るくらい。
リズムネタ_a0116885_11101529.jpg

リズムネタ_a0116885_11135989.jpg



アイスも観てるかな?

















# by uzura_family | 2020-04-29 10:41 | 犬との暮らし | Comments(0)

英文】

Coronavirus’ Letter To Humanity



The earth whispered but you did not hear.



The earth spoke but you did not listen



The earth screamed but you turned her off.



And so I was born...



I was not born to punish you..



I was born to awaken you..



The earth cried out for help...



Massive flooding. But you didn't listen.



Burning fires. But you didn't listen.



Strong hurricanes. But you didn't listen.



Terrifying Tornadoes. But you didn't listen.



You still don't listen to the earth when.



Ocean animals are dying due to pollutants in the waters.



Glaciers melting at an alarming rate.



Severe drought.



You didn't listen to how much negativity the earth is receiving.



Non-stop wars.



Non-stop greed.



You just kept going on with your life..



No matter how much hate there was..



No matter how many killings daily..



It was more important to get that latest iPhone then worry about what the earth was trying to tell you..



But now I am here.



And I've made the world stop on its tracks.



I've made YOU finally listen.



I've made you take refuge.



I've made you stop thinking about materialistic things..



Now you are like the earth...



You are only worried about YOUR survival.



How does that feel?



I give you fever.. as the fires burn on earth.



I give you respiratory issues.. has pollution fill the earth air.



I give you weakness as the earth weakens every day.



I took away your comforts..



Your outings.



The things you would use to forget about the planet and its pain.



And I made the world stop...



And now...



China has better air quality.. Skys are clear blue because factories are not spewing pollution unto the earth's air.



The water in Venice is clean and dolphins are being seen. Because the gondola boats that pollute the water are not being used.



YOU are having to take time to reflect on what is important in your life.



Again I am not here to punish you.. I am here to Awaken you...



When all this is over and I am gone... Please remember these moments..



Listen to the earth.



Listen to your soul.



Stop Polluting the earth.



Stop Fighting among each other.



Stop caring about materialistic things.



And start loving your neighbors.



Start caring about the earth and all its creatures.



Because next time I may come back even stronger....



Signed,



Coronavirus



Received by: Vivienne R Reich



~Feel free to copy and paste to share(自由にコピーしてシェアーしてください)





【和訳】

コロナ・ウイルスから人類への手紙



地球は囁きました、

でもあなたは耳を貸さなかった



地球は話しました、

でもあなたは聞かなかった



地球は叫びました、

でもあなたは耳を塞いだ



そして、私は生まれました・・・



私はあなたを罰するために

生まれたのではありません・・



私はあなたの目を覚ますために

生まれたのです・・



地球は助けを求めて叫びました・・・



大洪水、でもあなたは聞かなかった



燃え盛る火事、

でもあなたは聞かなかった



猛烈なハリケーン、

でもあなたは聞かなかった



恐ろしい竜巻、

でもあなたは聞かなかった



汚染した水により海の生き物が死んで行く



警鐘を鳴らして氷山は溶けて行く、



厳しい干ばつ、



そんな時、

あなたは地球の声を聞こうとはしなかった



地球が

どれほど悲観的な危機にさらされていても

あなたは聞こうとしなかった



終わりのない戦争

終わりのない貪欲さ



あなたはただ、自分の生活を続けていた



どれだけの憎しみがそこにあろうと



毎日何人が殺されようと



地球があなたに話そうとしていることを

心配するより

最新のiPhoneを持つことの方が大切だった



でも今、私はここにいます



そして、私は世界のその軌道を止めました



ついにあなたに耳を傾けさせました



私はあなたに避難を余儀なくさせました



私はあなたに物質的な考えをやめさせました・・



今、あなたは地球のようになっています



あなたは

自分が生き残ることだけを考えています



どう感じますか?



地球を燃やして・・

私はあなたに熱を与えました



汚染された地球の空気・・

私はあなたに呼吸への課題を与えました



地球が毎日弱って行くように、

私はあなたに弱さを与えました



私はあなたから快適さを取り除きました



あなたの外出



あなたが以前は忘れていた地球とその痛み



そして私は世界を止めました



そして今・・・



中国の空気はきれいになり・・

工場は汚染を地球の空気に

吐き出さなくなり

空は澄み切った青色に

ベニスの水は透明になり

イルカを見ることができます。



なぜなら水を汚していた

ゴンドラを使ってないから



あなたには

自分の人生で大切なものは何かを

考える時間が出来ました



もう一度言います、



私はあなたを罰しているのではありません・・



私はあなたを

目覚めさせるためにここにいるのです



これが全て終わったら私は去ります・・



どうか、

これらの瞬間を覚えておいてください



地球の声を聞いてください



あなたの魂の声を聞いてください



地球を汚さないでください



争うことをやめてください



物質的なことに気を取られないでください



そして、

あなたの隣人を愛し始めてください



地球とその生き物たちを

大切にし始めてください



何故なら、この次、

私はもっと強力になって

帰って来るかもしれないから・・・



コロナ・ウイルスより






⬆️
今、こういうのが、あちこちでシェアされています。

やっぱりそうだよね、というのが、ウズラの感想。違和感なし。
東日本大震災の後、あんなに皆で節電して暮らしてたのに、
今はスマホ使いまくり&都会の夜の明るさに驚く。
北海道のブラックアウトを経験して、店前の行列もSNSのデマも経験しても
またやってる。
海沿いを走れば、ゴミがひどくて泣きたくなる。
核のゴミを地中に埋めようとするのとか、理解できない。
今、地球が人間のことをウイルス扱いして、
いろいろ我慢してきたんだよ、と言われてる気がする。
人々に地球が感じてきた「孤独感」を体験させている気がする。
今世界中のすべてを止めたことで、その間に、
地球が息を吹き返そうとしている気がする。
止めないと、もう持たなかったんだと思う。

肺炎という病気にされることも、
それくらい地球は息苦しいのだと言ってるのではないか?

人間は何のために生きているのか?
お金のため?生活のため?食べるため?

じゃ、地球は何のために生きているのか?



ジャム君と生きていく地球_a0116885_00411795.jpg


















# by uzura_family | 2020-04-15 00:07 | 趣味はイロイロ | Comments(0)

迷走フード

ジャム君がどうも軟便で、いろいろお薬使ってもイマイチだったので、
手術で行った時に、先生に相談した。
「ジャム君が先生の子だったら、何を食べさせますか?」
「うちはみんなこれなんですよ」と教えて下さったのが、これ。
迷走フード_a0116885_19450433.jpg

ロイヤルカナンのペットプラン セレクトスキンケア。
「皮膚や消化管の健康維持に配慮したい犬のために」
成犬用だけど、子犬にもあげてる、と。
先生は大型犬2頭飼っていて、輸血犬としても働いてる。
アイスもお世話になった。
「圧倒的に便が少ない」らしい。
大型犬には、便の調子がどうも悪い、とか
途中まではいいけど、後の方がどうしてもゆるくなるっていう子が少なくないらしい。
まさに、それ、ジャム君。
で、お試しにいただき、手術後の食事再開時から、これにしてみた。

効果テキメン。
いいウンチ!
ビックリするくらい少ない量。まるで小型犬。
ビニール袋が大きすぎる気がするくらい。
そして今日からは、残していたフード「カナガン」を少し足して。

だって、ジャム君は成長期。
写真は2月7日。右アイス、左ジャム。
迷走フード_a0116885_20044148.jpg

あれから2ヶ月。今日4月12日のジャム。
迷走フード_a0116885_20082745.jpg


デカくなってる!
っていうか、足が長くなってる!













# by uzura_family | 2020-04-12 19:39 | 犬との暮らし | Comments(0)

ドキドキ手術

4日(土)がジャム君の去勢手術ということで。
前日に父ちゃんがシャンプー。
真っ白ふわふわに。
ドキドキ手術_a0116885_19164322.jpg

前夜9時~絶飲食。
当日朝10時出発。
父ちゃん母ちゃん共にお休み取って。
帰りに寝かせて帰る想定で、
今日はフィットのシート倒してお布団敷いて、
はなちゃんの介護マット敷いて、
アイスも使ってたタオル敷いて、
意外と落ち着いている様子。
ドキドキ手術_a0116885_19502025.jpg


午後1時、先生へお願いして、
お昼済ませて、南へ向かう。
道南、森町。アイスの生誕地である。
アイスがいたところはもう誰もいなくなってるので、
今日は天気がいいし、駒ヶ岳を眺める。
ドキドキ手術_a0116885_20365865.jpg

ダッシュボードはアイスの鼻汁だらけ。
ドキドキ手術_a0116885_20433586.jpg

今日はジャム君についてくれてるよね?


コーヒーとスイーツ買って病院へ4時にお迎えに。
フラフラ~。ありがとうございました~。
男の子なので日帰り抜糸なしで終了。
帰り道も落ち着いてました。
ドキドキ手術_a0116885_18134973.jpg


帰宅して、志村動物園見て泣いたりわらったり。
ドキドキ手術_a0116885_18235097.jpg

ジャム君はアイスのピーちゃんと。
「ハイジさん」いわく、
アイスはこのマットによくいるらしい。
そしてジャム君のことをあったか~く包むようにしながら見守っているらしい。
今もしてくれてるのかな?ありがと。

で、しばらくすると
すごいポーズで寝てた。
ドキドキ手術_a0116885_18185887.jpg

ドキドキ手術_a0116885_18194605.jpg

きゃーっ!白目。

ドキドキ手術_a0116885_18203552.jpg



とりあえず、無事終了です。












# by uzura_family | 2020-04-05 17:59 | 犬との暮らし | Comments(0)

かなしい夜

かなしい夜_a0116885_23474544.jpg

職場の人が、アイスに、とブリザーブドフラワーをくれた。
「女の子でしたよね?」と、とっても可愛いの。
フェイスの時もくれて、両側に。

これを期に、アイスの写真を額へ収めた。
こうして少しずつでも片付けていかないとね。

志村けんさんが亡くなり、
なんだかアイスが逝ってしまった以上にため息が出て落ち込む。
パン君やプリンちゃん、ずっと志村園長のこと待ってるんだろうな。
胸がイタイ。

アイスをちゃんと送れてよかった。
飼い主が先に逝っちゃうのが一番かわいそうに思える。












# by uzura_family | 2020-03-30 23:46 | 犬との暮らし | Comments(0)

ジャム君はコナン君?!

ジャム君、体調イマイチ。
4月4日が去勢手術の予定。
ちゃんと整えておかないと!
手術日の相談時、処方もお願いして送っていただいたお薬はとっくになくなり、
先日のトレーナーさんの紹介で、町の動物病院へ。

どうもウンチがゆるい。
その上、昨夜は吐いてしまった。
吐くことについては、あまり気にしてないのだが、
ウンチがビミョーにゆるいのが、どうも気になる。
まだ6ヶ月なので、しっかり栄養価の高いフードで身体を作っておきたい。

夫jick氏は心配していたが、
ウズラのジムニーの助手席に座らせた。
すっかり小さくなっちゃったけど、ジャムのマットを敷けば、
ココって理解する。
ジャム君はコナン君?!_a0116885_23171097.jpg

ジャムは前も横も、外の眺めに興味ない。
アイスはフロントガラスに鼻つけて、ジタバタ大興奮だった。
フェイスは、お散歩犬を見つけたらロックオンだった。
ジャムはテンションめっちゃ低い。
母ちゃん見てるか、丸まってしまうか。
ジャム君はコナン君?!_a0116885_23233150.jpg

ジャム君はコナン君?!_a0116885_23253228.jpg

バリケンを使わない理由は、もう一つ。
ジャムはバリケンに入るのはスムーズだが、
出る時に抵抗して、後ろ足をバリケン内で踏ん張って、
それを抱いて引っ張り出すのは至難の技になる。
助手席から下ろすのも、結局大変だったけどね!
扉は一つだけな方がマシってことで。

さて、病院では緊張してアクビ。
ジャム君はコナン君?!_a0116885_23333577.jpg

ジャム君はコナン君?!_a0116885_23345678.jpg

まだしつけが甘いから、なかなか待てが効かない。
パッと見、子犬にも見えない。
今はまるでコナン君。
見た目は大人、中身は子ども。
診察終わって出たら、オスの黒ラブが。
ジャムは匂い嗅ぎまくったあと、オジサンのアソコをなめてる!
もうやめなさい。
優しいオジサンは怒らずにいてくれた。
ジャムを車に積んだ後、会計に戻り、オジサンにお礼の挨拶したら、
顔をペロッとなめてくれた。ありがとうね。

帰りも同じテンション。
ちびっこ達のお家に寄り道挨拶してから帰った。

緊張がとけて午後はお昼寝。
晩御飯の時間になり起きた直後にまた嘔吐。
それでも食欲はあるようなので、
アイスが残した缶詰と少しのフード、
処方されたお薬を入れて食べさせた。

さあ、ちゃんと整えましょうね。











# by uzura_family | 2020-03-28 22:58 | 犬との暮らし | Comments(0)

天と地と

天と地と_a0116885_22453822.jpg

2006年、アイスが生まれ、フェイスが来て、
この写真は2007年、1歳を目前にしたアイスと、5歳を過ぎたばかりのフェイス、そして13年も前のニセコ時代のウズラ。

この一年で、皆、天へ逝ってしまった。
5月末、マロンが逝き、マロンの火葬に駆けつけて見送り、
マロン一家とウズラ一家で立ち話していた中で、
シェアハウス時代をふり返り、
「あの頃はハチャメチャだったからなあ」とマロンパパが言い、
ハチャメチャという言葉がこんなにピッタリなこともないな、と思った。
ハチャメチャな後に、幾度も急展開があり、
超ミラクルウルトラC的な着地で
マロン&ウズラ両家共に、今はとても、まともに幸せになり(?!)
それにしっかりついてきた犬達は、
どの子も幸せな一生を完うして、旅立った。
人も犬も、縁とは不思議なもの。

マロンが逝ってしまった時、マロンのいないニセコなんて、と思った。
一つの時代が終わったような気持ちになった。
また、我が家もすぐ追いかけることになるだろうとは思っていた。
フェイスが逝ってしまい、買い溜めてしまった紙オムツやガーゼを見て途方に暮れた。
アイスにネットで購入した大袋のフードが届いて開けた時、
これ全部食べれるのかしら?と、ふと思ったけど、
あの時の予感は当たり、半分以上残ってしまった。

こうして、本当に、ある時代が終わった。

アイスの子どもが欲しかった。
アイスの遺伝子を残したかった。
でもアイスは全くその気はなくて、
結局、アイスで終わりとなった。

いつかまた犬を迎えることがあるのなら
アイスがいる間に、アイスから直接バトンを貰ってほしくて、
ギリギリのタイミングで間に合って、ジャム君がやって来た。

ジャムはきっとこれからたくさんの犬に出会っていくだろう。
でも、ベースにはアイスという犬がしっかりいるはずだ。
ベースにアイスがいれば、心配は無い。アイスはそういう子だ。

アイスは天界にいながら、これからもウズラの相棒であり、サポートしてくれる。
アイスは天界にいる今も、ウズラの思ってることを理解できる、やるべきことは何か理解できる、聡明な犬女神なのだ。
ジャムを立派なオス犬に育てること、
この地球世界を平和へ導いて行くこと、
アイスと再会できるまで、長い長い道のり。
一緒に頑張って行こう。

アイスの黒い立ち姿のシルエットが、前の方にパッと出てくるの。
耳をピンと立てて、必ずウズラのことを見てる。
母ちゃんが何を言うか、何を思うか、どうするのか、
瞬間的によく見てる。

フェイス君は、このアイスとの直線ラインではなくて
ちょっと外したポイントにひょっこりはん的に(懐かしい)いる、というのがお約束。


みんな、ありがとう!
天と地と_a0116885_00111634.jpg

















# by uzura_family | 2020-03-26 22:45 | 犬との暮らし | Comments(0)

1ヶ月

アイスが逝って、今日でやっと1ヶ月。
長い。
予約していた「ハイジさん」とのセッション。
アイスと1ヶ月ぶりの「会話」。
やっぱりアイスだなあと思える返答。
違和感なし。意外性なし。
アイスだなあという再確認って感じ。
心配かけちゃってるなあ。
近くにいてくれてるようだけど、
母ちゃんが鈍いだけでなく、メンタルが整わず、固く、
リラックスしてないから、外から寄せ付けない感じで
まるでキャッチできそうにないらしい。
でも、母ちゃんのこともジャム君のことも、応援してくれてるらしい。

ありがとう。
ウズラとアイスは
生きる世界が分かれてしまったけど、
これからは天と地で繋がって生きていく、想いは同じ。
ウズラが思えば、アイスも思ってる。
「母ちゃんの考えてることはだいたいわかるし、わかってくれてる。
その関係性キズナを作れたことはすごく感謝、だけでなく、
固いので、これからも変わらないよ。自信持ってる。」
「母ちゃんが決めることに間違いはないと思ってたから。
存在は大きかった。きっと母ちゃんもそうだったと思う。」


ウズラママからお花だよ。
ウズラママは、アイスのことをずっと小さな子どもみたいに思ってたみたいで、アイスはくすぐったかったんだとサ。
1ヶ月_a0116885_23564455.jpg











# by uzura_family | 2020-03-23 23:21 | 犬との暮らし | Comments(0)

ハーフバースデー

今日でジャム君、いわゆるハーフバースデーです。
つまりは生後6ヶ月。
体重17.2kg。
アイスと変わらなくなったね。
天気もよいし、お散歩に。
ハーフバースデー_a0116885_17044296.jpg


ここはね、余別。アイスもフェイスもよく来てたんだよ。
みんなもういないね。

アイスが逝って明日でやっと1ヶ月。
なんて長いんだろう。
まだまだ母ちゃんは、「ただ生きてる」状態。

松ぼっくり拾って楽しそう。
ハーフバースデー_a0116885_17130515.jpg


帰ってきたら、こんなんなってました~。

ハーフバースデー_a0116885_17444252.jpg


もっと大きくなるね。
ハーフバースデー_a0116885_17153541.jpg















# by uzura_family | 2020-03-22 16:25 | 犬との暮らし | Comments(0)

予想外の悩み

休日だけど、父ちゃんがいない。
父ちゃん子のジャム君は、窓の外を見て帰りを待つ。

今日は天気悪く、外遊びもできず、
トイレに出しても全然しなくて空振りばかり。
予想外の悩み_a0116885_22192355.jpg

予想外の悩み_a0116885_22210839.jpg


どうも、ジャム君は、
雪がとけて無くなってきて
トイレ出来なくなってきてる説が?!
帰ってきた父ちゃんがトイレに出しても
わざわざ固く残った雪の上でオシッコもウンチもしてるらしい。
こりゃ大変だ。

トイレに使ってた網を外に置いてみるかな?

父ちゃんのこと待ちくたびれたか?低気圧のせいか?
今日のジャム君は日中ずっと寝てました。
予想外の悩み_a0116885_22292505.jpg












# by uzura_family | 2020-03-20 22:12 | 犬との暮らし | Comments(0)

初めてがいっぱい

町内にドッグトレーナーさんがいらっしゃると知り、
今日初めて出張で来ていただいた。
今のところ、お座り、お手、おかわり、伏せ、待て
それは、ご飯の時を中心に、とりあえずさせている。
ジャム君がやって来たのは雪景色の12月。
でも今年は雪少なく、草やら石やら、現れるのが早く、
ジャム君は気になって仕方ない。
そのくせ、散歩となると、
裏の山まではいくらでも行くけど、
前の道路は、行かないったら行かない、で大変なのだ。
きちんとついてお散歩できるようにしないと!
雪がなくなる前に!
ということで、先生を呼んだ次第。
先生の指導で、ジャム君あっという間にお利口さんに!
初めてがいっぱい_a0116885_19144724.jpg

いいよいいよ、その調子!
初めてがいっぱい_a0116885_19181264.jpg

こんなに田舎なのに、アスファルト怖いってねえ。
初めてがいっぱい_a0116885_19251457.jpg


で、人間もレッスン受け、
ジャム君にチョークカラーが必要となり
早速お買い物に。
今のうちに、いろんな所へ行って、慣らしていった方がよい、というアドバイス受け、早速ジャム君も。
初めてがいっぱい_a0116885_19355571.jpg


帰ってきたら
スコンと寝てました。
初めてがいっぱい_a0116885_20220349.jpg












# by uzura_family | 2020-03-15 18:59 | 犬との暮らし | Comments(0)

かまって王子?!

ジャム君に、フードをいろいろ試して
これだと思って、大袋を購入したけど、
数日続けていたらウンチがゆるくなってきて、やっぱり断念、変更。
アイスもいなくなり、ジャム君だけなんだから
上等のフードにしたって、何でもないわ。

アイスに腎臓サポートのフード、
小樽まで買いに行っては売り切れてたりして大変だからと
大袋をネット購入して届いた時、
これ全部食べれるのかしら?と、ふと思ったんだよね。
案の定食べきれず終わってしまった。

で、ジャム君はフード変更し、順調に回復すると思いきや
あれ?ゲロ吐いた。
朝、胃液のみ。
だけどケロッとして元気そうだし、食欲もある。
お腹空きすぎた?
食べさせれば食いつきは良し。
が、しばらくして全部吐き出した。

ということで、絶食して様子見る。

翌朝、絶食が長すぎても、ということで、少し食べさせてみることに。
そこで登場したのが、
アイスに取ってあった缶詰。
かまって王子?!_a0116885_23563978.jpg

ジャム君のお里のチャコままさんが
アイスに沢山の腎臓サポートの缶詰下さってたんだよ。
想像以上の大量の缶詰が届き、
これ全部食べれるのかしら?と、ふと思ったんだよね。この時も。
やっぱり心の中では、
アイスとの時間があまりないのだろうとわかっていたけど、
認めず、考えないようにしていたのだと思う。

ほら!野菜入り!
かまって王子?!_a0116885_00055382.jpg


ジャム君興奮して吠える。
かまって王子?!_a0116885_00105736.jpg


まずは、少しだけね。
凄い食いつき!初めて立って食べた!(いつもなぜか座って食べる)
かまって王子?!_a0116885_00173288.jpg


これをきっかけに、もう今は完全復調したけれど、
このゲロは何だったか?を考えた結果

ジャム君の「月曜日かまって病」説?!

土日に父ちゃん母ちゃんべったりで
月曜に皆仕事へ行き、
月曜の夜、父ちゃんが帰って来ない、母ちゃんとジャム君だけ、というのが
どうもショックな様子なのだ。
ちょっとぉーー。たのむわジャム君。













# by uzura_family | 2020-03-11 23:34 | 犬との暮らし | Comments(0)

アイススタンダード

今日、アイスが14歳だと祝うハズだった。
フェイスが驚異的に長生きできたので、
14歳はそんなに長生きに感じなかったりするけれど
生きていたこと、一緒に暮らすことって、
とんでもない奇跡的だったのだと、しみじみ思う。

初めての子がアイスだと
アイスが基準となってしまうから
後からメンバー入りしたフェイスおじさんは
同じボーダーでも全然違うんだな、と思ったし、
子犬でやって来たジャムに対しても
アイスの子犬時代と比べてしまってるところがある。

ウズラが一時大阪へ連れ帰り、留守番を多くさせたからか
アイスは強い分離不安になり、
晩年最期の日まで、家の中でも全部ウズラについてきた。
お風呂に入っていれば、脱衣所に、
お化粧してたら足元に、
父ちゃんが寝室へ行けば「母ちゃんも早く寝なさい」としつこく呼びに来るし、
布団に一緒に入れば、母ちゃんと一緒に深呼吸して眠りにつく。
もちろん朝は起きれば、一緒に起きてくる。

人間の言葉は話せなかったけど
人間の言葉は理解出来てた。
2歳児程度と言える。
母ちゃんに言いたいことがあると、
真正面10cmの距離で「ワンッ!」と何度も言う。
「そんな大きな声出さなくても聞こえます」
「ワンッ!(だから~!)」

「ワンッ!(まだわかんないの?)」
「ご飯?トイレ?何言ってるか、わかんない。まだご飯の時間じゃないし」と母ちゃん。

もう、対犬じゃなくなってた。
ずっと助け合って来てたから。

今、アイスの遺骨を少し入れたペンダントは
お風呂の間だけ外して、あとはずっと着けてるから
脱衣所で待たせてる感覚。


ジャム君に、そういう不安は感じさせないように、と思ってるけど、どうかな?

ついつい、アイススタンダードで行きそうになり
ジャム君へのしつけは、また別物として、一つ一つ積んで行こうと思い直す。
アイススタンダード_a0116885_23581662.jpg


アイススタンダード_a0116885_06110418.jpg















# by uzura_family | 2020-03-10 23:13 | 犬との暮らし | Comments(0)

ママそっくり

ジャム君は9月22日生まれ。
お母さんが保護犬で、お腹に赤ちゃんがいる状態で保護された。
そして生まれた子犬が8頭!
5頭の女の子と、3頭の男の子。
その中の1頭がジャム君。
お母さんも新たな飼い主の元へ。
名前は、シャリー。シャリー母さん。
ママそっくり_a0116885_09181040.jpg


そして、8頭の中で一番お母さん似だと思えるジャム君。
ママそっくり_a0116885_09203835.jpg


どうですか?
シャリー母さんはポインター。
父さんは不明。
兄妹は全員白黒の垂れ耳。
目元口元、きっともっと母さんに似てくるんだろうな。








# by uzura_family | 2020-03-08 09:12 | 犬との暮らし | Comments(0)

3月3日

3月3日。世間では桃の節句。
我が家は、ジックの命日。
別名、イチゴとヨーグルトの日?!
夫jick氏の相棒ジックは、シベリアンハスキー。
2006年3月3日に逝き、
その7日後、2006年3月10日、アイスは生まれた。
まだジックもアイスも、夫jick氏もウズラも
誰も知らない時のこと。
その後、犬ブログで繋がり、フェイスがキューピッドとなった時、
それをまだ知らなかった義母の夢にジックが現れ、
ジックはお花畑の中を跳び跳ねて、とにかく喜んでいたという。
ジックは逝ってからも、飼い主のことをずっと思っていてくれてたのだろう。
アイスも守ってくれるかな?

毎年3月3日は
ジックの好物だったイチゴとヨーグルトをお供えして
アイス&フェイスが、そのお下がりをいただく日だった。
そして今年デビュー。
3月3日_a0116885_22031844.jpg

これ、何でしょう?
3月3日_a0116885_22062938.jpg


うまうまっ!
3月3日_a0116885_22113918.jpg


3月3日_a0116885_22135313.jpg

3月3日_a0116885_22163363.jpg


ふっふっふ。
知ってしまったね?














# by uzura_family | 2020-03-03 21:38 | 犬との暮らし | Comments(0)

ウズラ故障中?!

MISIAの「アイノカタチ」って歌、知ってますか?
「義母と娘のブルース」ってドラマの主題歌でした。
フェイスが逝って、この歌を聴いたら、
もうそれからは「フェイスの歌」になってしまい、
聴くたびに泣けて、泣き泣き歌っては、少しスッキリ発散していました。

アイスが逝き、全然泣かないでいたので、
「アイノカタチ」を聴いてみました。

無反応。

ウズラ、完全に壊れたのかしら?

「泣く」というスイッチとか回路とか、
全くわからなくなってます。

コロナ騒ぎで仕事も忙しいし、
ま、何も急ぐ必要もないので、このまま過ごします。

ウズラ故障中?!_a0116885_06090213.jpg

ウズラ故障中?!_a0116885_06104846.jpg

ウズラ故障中?!_a0116885_06140825.jpg












# by uzura_family | 2020-03-03 05:57 | 犬との暮らし | Comments(0)

わからなくて、ごめんね

わからなくて、ごめんね_a0116885_22133642.jpg

もう一週間経ってしまった。
ストーブ炊いてるし、お花は少し整理して。
今日も一つお花が届いたよ。おやつの御供えまで!
ウズラママや小樽の義母からも
お花代預かってるけど、
今はコロナ騒ぎで、もう少し先で買ってくることにしたよ。

時々ジャムは、アイスの写真の少し上とかをじっと見てることがある。
アイスが見に来てるのだろうね。

残念ながら、ウズラには見えたり聞こえたりする力はなくて、
ずっと一緒に寝る時に使ってた毛布も
逝っちゃう直前の発作で失禁したから、と
逝った日に洗って、キレイに消えてしまった。
ジャム君の匂いが案外強くて、アイスの匂いを感じない。ハァ~。

で、注文の品が届いた。
わからなくて、ごめんね_a0116885_22342195.jpg

夫jick氏にネジ締めてもらって、
アイスの遺骨をチョビッとイタダキ。
これからはお仕事行っても、何しても、ずっと一緒だよ。
母ちゃんはこうしないと
アイスがそばにいてくれてることが
まだよくわからないんだ。


ジャム君は、夜眠くなると、
アイスの友達ピーちゃんと寝んねするよ。
わからなくて、ごめんね_a0116885_22473449.jpg















# by uzura_family | 2020-03-01 22:10 | 犬との暮らし | Comments(0)
後で気づいたけど
アイスが逝った日は、令和の天皇誕生日で富士山の日という、
なんとも神々しい日であった。
職場への迷惑ゼロで、ひたすらお仕事。
忙しさもあって、淡々と仕事していた。

ジャム君の初めての一人でお留守番。
テレビつけっぱにして行った。
ジャム君も頑張っている。

じつは、火曜日以降、
ウズラほとんど泣いてない。
別に我慢はしていない。
ただただ、無、なのだ。
アイスは死んだ。死んでいなくなった。
夢じゃない、現実。残念、ガッカリ。
空虚とはよく言ったものだ。
身体の真ん中が何もなくて、軽く感じる。
フェイスが逝って、笑えずに困っていたが
今は特に何も困らない。
テレビ見て、笑う時もあるくらいだ。
ただ、思考能力は低下していて、居眠りばかり。
この記事書くのも、すぐ居眠りして、なかなか進まない。

アイスはウズラのマネージャーみたいになってた。
居眠りしたら、すぐ起こされた。
頭がうなだれてたら、下から鼻でグイッと持ち上げて起こされ、
首を痛めそうな勢いだったが
今はいつまでも居眠ってしまう。

哀しみのビッグウェーブ、が来ない?!_a0116885_23334165.jpg


なんか感じる視線。
哀しみのビッグウェーブ、が来ない?!_a0116885_23351992.jpg

哀しみのビッグウェーブ、が来ない?!_a0116885_23370337.jpg

さ、寝んねしよっか。







# by uzura_family | 2020-02-28 21:41 | 犬との暮らし | Comments(0)